あいさつ

志字良太からご挨拶
はじめまして。 当サロンのホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。 お茶の水鍼灸SalonTier の志字良太と申します。
鍼灸治療の目的は何でしょうか?鍼やお灸をすると、身体にどういう効果があるのでしょうか?という質問を受けることがあります。昨今インターネットや雑誌などで鍼灸という言葉が自然と行き交うようになりました。しかし鍼灸治療の目的や、治療効果、鍼灸治療はどんなことをされるのか解らず、受診には至らないという方も多いと思います。私が考える鍼灸治療は、患者様の笑顔を取り戻すことと考えております。身体の痛みが軽減した、ぐっすり眠れるようになった、心の中がすっきりした、風邪をひかなくなった、など、鍼灸治療を行うことで、悩みを解決し、自然と笑顔が溢れるようになっていただくことを目指しております。鍼灸治療は何千年も前に考え出された治療方法であり、先人たちの治療実績があります。その先人達の知恵や経験により作り出された治療技術と、お客様のお悩みや、体質、要望に合わせた治療方法を提供できるのが鍼灸治療や、あん摩マッサージ指圧治療で、その仲介をするのが鍼灸師であり、私の役割です。お客様一人一人と真摯に向き合い、どんな些細なご相談でも気軽にお話いただき、最前の治療方法を提供し、治療後に笑顔になっていただければ、幸いです。お客様に合わせたベストな治療法を提供するため、私自身も日々努力を怠らず、日々精進していきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

志字 良太プロフィール

専門学校卒業後、大手証券会社にシステムエンジニアとして勤務。ハードな勤務生活を続けていたことで体調を崩し、体調管理の一環として東洋医学と出会う。 この時に東洋医学の"自然治癒力を活かす"魅力と、鍼灸治療の凄さを身をもって体験したことで、自身も人を健康に導く仕事をしたいと強く感じ、転職を決意する。 その後、東洋鍼灸専門学校に入学。3年間の学業生活と並行して、様々な勉強会に参加し見聞を広める。その勉強会の中で、美容鍼灸の会 美真会会長の折橋梢恵先生に出会う。 折橋先生の美容鍼灸の技術、また治療家としての考え方や今後の展望に感銘を受け、そのまま美真会に入会する。その後、折橋梢恵先生を師事し国家資格合格後も、美真会の認定美容鍼灸師になるべく日々研鑽を積み、厳しい試験を経て、遂に認定美容鍼灸師となる。 これらの努力が認められて、折橋先生の二つ目の美容鍼灸サロンとなる「お茶の水鍼灸サロン ティア」の院長に抜擢される。 「お茶の水鍼灸サロンティア」では、折橋先生の掲げる鍼灸と他分野の融合や、鍼灸院らしくない、新しい鍼灸院を共に目指して、美しく艶のある髪を提案する「美髪」を目的とした技術や、日本古来のマッサージである「経絡按摩」に特化したサロン作りを目指す。 信条として、常にお客様の美容や健康の悩みと真摯に向き合い、来院された全てのお客様に笑顔でお帰り頂くため、鍼灸院では珍しい医療用ウィッグの取り扱いや、男性には珍しいフェイシャルエステティックなども学び、幅広い要望に応えられる美容鍼灸師を目指している。
1982年愛知県生まれ。
鍼灸あん摩マッサージ指圧師。
AEAJアロマテラピー検定一級取得。
美容鍼灸の会 認定美容鍼灸師。
美容鍼灸の会 認定美髪鍼灸師候補生。