■■■

不眠症っていったい何だろう!?

誰でも1度は「眠りたくても眠れない」という経験をしたことがあると思います。

今回は不眠症をテーマにした記事を投稿したいと思います。

 

さて、不眠症とは、どのような定義かご存知ですか!?

・なかなか寝付けない状態
・途中で目が覚めてしまう状態
・予定よりも早い時間に目が覚めてしまった
・ぐっすり眠った気がしない

上記のような障害がしばしば見られ、
かつそれが一定期間以上続く状態のことで「不眠症」となります。

似たような言葉で「睡眠障害」という言葉がありますが、
不眠症は睡眠障害に含まれる症状であり、
そのほかにもいろいろな睡眠に関わる障害が含まれています。

では、睡眠時間は何時間が望ましいのでしょうか??

睡眠時間は8時間が理想という意見を良く聞きますが、
大人になり、仕事をしながら8時間の睡眠を取れる方は少ないのが現状です。

当サロンでもカウンセリング時に睡眠時間を伺いますが、
当サロンの患者様の睡眠平均時間は、5~6時間ではないかと思います。

「睡眠障害の対応と治療ガイドライン」によりますと、
日中しっかり覚醒して過ごせるかどうか、を指標とし、
睡眠時間にはこだわらないと記載されております。

つまり、日中眠気がひどい場合には「睡眠不足」の可能性を疑う必要があります。

睡眠時間は日中の活動状況が大きく影響します。

日中に身体を動かし、活発に過ごした場合や
睡眠時間の減少が続いている場合には、身体はより多くの睡眠時間を必要とします。

また季節によっても大きく変化します。

森の動物達が秋や冬に活動力が低下するのと同じように、
人間の活動力は減少するため、睡眠時間も長くなります。
逆に春から夏にかけては活動力が向上するため、睡眠時間は短くなります。

季節により睡眠時間が変化する理由は、日長時間が大きく影響しているためです。

〒113-0033 
東京都文京区本郷三丁目9-1 井口ビル1階

【営業時間】月~木 10:00-19:00

金・土・日・祝日は完全予約制